ROSHA STYLE PRODUCTS 小野です。
今回はROSHAオリジナルワークエプロンの紹介。

工具の話か、エプロンの話にするか悩みましたが。
22日と23日のイベント前だったので、
ROSHAオリジナルのワークエプロンの話で。

 

先ずは、わたくしのワークウェア(ビジネス用)紹介から。
ズボン:アイアンハート【 814 】12ozウォバッシュ エンジニアペインターパンツ

アイアンハート【 803 】10.5ozヘリンボン ダブルニーロガージーンズ

アイアンハート【 819 】12ozブラックウォバッシュ ダブルニーオーバーオール

アイアンハート【 805 】21ozセルビッチデニム ダブルニーオーバーオール

ブーツ:RED WING SHOES アイリッシュセッター

RED WING SHOES エンジニア

Re:broth(滋賀県大津にあるリペアショップ)カスタムオーダーのエンジニア
上着 :ROSHAオリジナルポロシャツ(非売品)

 

わたくし小野は、アイアンハート信者なんです。
しっかりとした作りの商品は長く使え、
修理などのアフターも対応してくれるから。
足元は、生まれた時からブーツ派なので。。。。。
年中ブーツが基本です。

 

 

下記のHPアドレスを見たらおわかりかと、
ワークウェアなのに結構な金額なんです。。。。。
でも、ブーツ類は長い物で30年近くは履いているので、
年間で計算したら1万円程(ソール張替えも含めて)。

1万円程のビジネスシューズ、
毎日履いていると1年でボロボロになりますよね。
それを考えたら、ちゃんとメンテナンスをしていれば
ボロボロではなく味となるので生まれた時からブーツ派なんです。
Re:brothはブーツの修理屋さん、わたしのブーツ達はここで修理。

 

アイアンハート  http://www.ironheart.jp/
リブロス     http://www.rebroth.com/
レッドウィング  http://www.redwingshoe.co.jp/index.php

 

 

いつもの事で、前置きが・・・
実は。。わたくしは話が長いんです!

 

本題のワークエプロン!
所有するもの全てに拘りを持ちたいわたくしは
大好きなアイアンハート製オーバーオールのデザインで
エプロンを作りたくオリジナルで作って頂いたのです!

 

17ozのヘビーダック素材。
前身にポケットをあしらっているので生地が2重(34ozに)
結構ハードに使わないと、身体に馴染むのに時間が掛かる
一生モノのエプロンです。

色はブラックとブラウンの2色。
最初は、縛り紐も堅く馴染むまで苦戦しますが、
馴染んだ頃には、あなたの歴史が刻まれ程よい汚れや傷が。
まさに、【人生を、もっと濃く】ですね!

 

わたくしもガレージで愛用していますよ。
油で汚れた手をそのまま拭いても、
ブラック色は汚れが目立ちません!(当たり前ですが)
油だらけのエプロンを洗濯機に入れる勇気がないので、
きっと洗うことはしないと思いますが。。。。
色落ちしてグレーになっていく過程に、油じみがどう出るか
非常に楽しみにして育てています。
※破れたなどの修理依頼の際は、洗濯をしてから
ROSHAまでお送りください。未洗濯はダメですよ!

 

そんな拘りのワークエプロン。
焚き火の時にも、是非装着してほしい。
最近の防寒具は化学繊維の物が多く、
性能も良く、軽くて暖かい!
秋から冬にかけてのキャンプでは、
その素材を着た人が普通に焚き火を。
危険なんです!

 

火の近くは、コットン素材で。
化学繊維の防寒着を着ているならなおさら、
必ずコットン素材のエプロンなどを付けてください。
薪を運んだりするときも、プロンをしていると服に傷がつかないので。
お高いダウンに傷をつけて、羽毛がふわぁ~って経験ありませんか??
そうならない為にも、ROSHAオリジナルワークエプロンを!

 

11月22・23日開催の下記イベントで、販売します。
展示会やイベントでしか販売しない限定商品ですので。

 

価格:13,500円(税込)
会場では現金及び、各種クレジットカードにて購入できます。
申し訳ございません、ペイペイ類は使用できません。

 

不便を楽しむのが焚き火。
そんな楽しい遊びを皆様と共有したく、
11月22日(16:00~)
23日(9:00~)焚き火講習あり
に、別部署が企画するイベントへゲスト参加。

詳細は下記HPアドレスで

新とよパーク 火のある暮らし体験イベント

ファイヤースターターでの着火。
着火するまでの準備(バトニングやフェザースティックの作り方)
薪の種類による火の効果など。
焚き火初心者や、これから始めたい人がいたら是非おこしください。
※注意※
ネットなどでも色々とやり方が紹介されていますが、
今回は私のスタイルを紹介ですので、
焚き火をするうえでの1知識だと思ってください。

11月22日(16:00~)は、前夜祭みたいな感じでフランクに行きます!
わたくしは焚き火をして会場でまっていますので、
好きな食材を持ち寄り勝手に焚き火で調理しちゃってください。
こった料理は勘弁ですけど(アヒージョ位なら可能かな)。
ビールやワインに、焚き火で作った食事。みなさんの笑顔をお待ちしております。

前回の写真から、ワークエプロンをピックアップしての記事でした。
次回も記事も引き続き写真から予測を。