ROSHA STYLE PRODUCTS 小野です。
今回はイベントに合わせて焚き火道具のお話。
写真は焚き火で作ったハンバーガーですけどね!

 

焚き火をする時に必要な道具は、人によって色々だと思いますが
わたくし【火遊び師 斧】が常に持ち歩いている道具がこれ。

 

1:ファイヤースターター
2:ナイフ
3:革手袋

 

この3点だけで焚き火は出来ちゃうんです。
ファイヤースターターに関しては、
見た目??恰好良いから使っているだけ。
ライターの方が確実に早く着火できます。

 

 

マナー的?(道徳的)にこの道具も準備してほしい。
直火OKの場所であれば、問題ありませんが、
今はそんな場所も少なくなってきているので。

 

4:焚き火台
5:耐火マット
6:火消壺
7:バケツ(水入れ用)

 

上記4点の道具。
焚き火台は色々なメーカーから色んな形の物が出ているので
用途とお財布に相談して。。。。。
耐火マットはあると安全、なくても良いかもだけどあったほうがいい。
火消壺は、管理されたキャンプ場ではあんまり出番が無いですが、
無料キャンプ場や、デイキャンプを行う時はあると便利ですよ。
最後のバケツ、ペットボトルの水でも良いのでは?と思いますが
突然の出火に対して、出口の狭いペットボトルや水タンクでは間に合わないので
安全の為にも、バケツに水を汲んで横に置きましょう。

 

こんな感じで、明日23日(土)の講座でも紹介します。

 

11月22日(16:00~)
23日(9:00~)焚き火講習ありに、
別部署が企画するイベントへゲスト参加。

詳細は下記HPアドレスで

新とよパーク 火のある暮らし体験イベント

ファイヤースターターでの着火。
着火するまでの準備(バトニングやフェザースティックの作り方)
薪の種類による火の効果など。
焚き火初心者や、これから始めたい人がいたら是非おこしください。
※注意※
ネットなどでも色々とやり方が紹介されていますが、
今回は私のスタイルを紹介ですので、
焚き火をするうえでの1知識だと思ってください。

本日11月22日(16:00~)は、前夜祭みたいな感じでフランクに!
午後から雨予報なので中止となる可能性も。お昼ごろにインスタで報告いたします。
決行する場合は、好きな食材を持ち寄り勝手に焚き火で調理しちゃってください。
こった料理は勘弁ですけど(アヒージョ位なら可能かな)。
ビールやワインに、焚き火で作った食事。みなさんの笑顔をお待ちしております。

 

明日23日は曇りの予報ですので、焚き火の横で暖を取りながら講座を行います。

前回の写真から、焚き火をピックアップしての記事でした。
次回も記事も引き続き写真から予測してください。