皆さま、こんにちは。

 

本日は、ヴィンテージバイクとガレージについて!
※ヴィンテージとクラシックの使い分けが解りませんが・・・・

ハーレーダビットソン パンヘッド

ワタシが長年所有している愛機
1951年式のハーレーダビットソン
通称:パンヘッド

 

定期的なメンテナンス
走る度に洗車・グリスアップ
数年毎のフルカスタムを得て
約30年程を共にしています

 

 

それもこれも、ガレージのおかげ!
ガレージがあることで、雨風がしのげ
メンテナンスも時間のある時にコツコツと

 

 

今回、自分の年齢も考え最後のカスタムを
フレームから外装のいたるところを
艶消しブラックのパウダーコートにして
見た目もより純正っぽく大人仕様に

 

 

何時まで乗れるかは体力しだいですが
予定ではあと30年・・・・・・
この状態で乗る予定

ハーレーダビットソン パンヘッド

 

すでに70年近くの歴を刻んだエンブレム
※タンクは1956年式なんですが・・・

 

あと30年だから・・・・
この愛機には100年という歴を刻んであげたい
ガレージの傷や汚れと共に
遠い将来、バイクを降りるときに
最高の思い出として、自身の歴史として
ガレージの中で大切に守っていきたい

 

 

 

弊社の盧舎もオーナーの歴史が
末永く刻まれる様に製作しております
オール無垢材の内装に刻まれた傷や汚れ
オーナー様の大切な愛機と共に
歴史を刻んでいただけたら幸いです

 

 

それではまた次回!