みなさまこんにちは。

 

 

ガレージの床って、やはりコンクリートのイメージが強いのかな?

まぁ~強いですからね!さらに塗装をしたら油も弾くので清潔に保てるし。

 

 

 

デメリットと言えば、真冬に底冷えするくらいかも!

あぁ~これだけは。。。。職人の腕による仕上がりの差。。。。。。

時間が掛かるからといって、水がしっかりひいていないのに金鏝で仕上げをして

コテ跡バリバリに残っているとか。。。。

やたらと細かくコテでならすから、仕上がりの色が所処違うとか。。。。

上手な職人さんがやると、コテ跡すら残らない。関心しますよ!

あと、冷たいイメージ(体感的にも寒く感じます)がありますね。

 

 

では、盧舎ガレージで床をあえて作る理由は?

 

 

ガレージ=バイク保管場所ではなく、

ガレージ=遊ぶ場所と考えているからなんです。

 

 

高級な工具を使ってメンテンス、落としたらコンクリートに直撃よりは無垢材の上であればクッションにもなりますしね。工具だけではなく、大切なアイテムを取り扱うのにも、コンクリートの上に落とすのと、無垢材の上に落とすのでは被害が少ないという訳です。

※勿論、300㎏程のバイクを載せても破損しない床下の構造にしています。

 

 

コンクリートにしようか。

それとも木材で床を作ろうか。。。。

 

 

 

そんなお悩みをお持ちのオーナー様は多いかと思います。

弊社のオーダーガレージはそんなオーナー様に最適です!

 

 

タイミング良く、明日から始まる工事物件が2タイプの床仕様です。

おしゃれなガレージ|床

 

 

弊社スタンダードガレージのデザインは残しつつ、サイズUPのオーダーガレージ。

室内2/3は床を設け、残り1/3はコンクリート土間(こちらにバイクを保管)。

 

 

 

床と土間の高低差を上手く調整すると、腰掛けにもなりますよ!

おしゃれなガレージ|床

 

メインの出入口は側面の扉から。

扉からガレージに入ると土間空間ですので、バイクに乗るならそのままシャッターを開けて。

ガレージ内で遊ぶなら、土間で靴を脱いで床のある空間に!(靴のまま上がってもいいのですよ)

 

ガレージ内での空間分けですね!

 

でもでも、そんな無垢材の床もデメリットはあります。

・コンクリートに比べて傷はつきやすい(コンクリートも付きますが)

・オイル染みが取れない!(それが味と思っていますが)

・掃除をしたくなる!(なんでしょうね?床があると床掃除をしたくなるのです)

その他、人によってまちまちなので。。。。

 

 

 

ハイハイ。

解体~基礎工事~本体工事~完成

この一連の流れを、現場で撮影した写真で紹介していきたいと思います。

 

本当は解説入りの動画にしてUPしたいのですが、わたくし・・・恥ずかしいので。。先ずは写真!

 

それではまた次回!